EV・5G時代にふさわしい未来を変える新素材MTA合金 誕生

様々な分野で使えるMulti・Tool・Alloyを目指します

MTA合金とはMTA合金は不可能と言われてきた鉄+銅の新合金です。

「鉄」と「銅」は結晶構造がそもそも違い、また比重や融点も違います。材料の地図と言われる状態図からも、水と油が混ざらないように、鉄と銅はいくら溶解して混ぜあわせても、混じりあいません。

「鉄と銅の合金ができたらどのような特性がでるのか?」これは人類長年の疑問だったかもしれません。人類が最初に手にした金属は「銅」、続いて「鉄」が世界を支配しました。そんな昔から身近だった金属を、「混ぜてみよう」「合金にしてみよう」と考えた人がいたとしても全く不思議ではありません。

近年の記録を辿ると、鉄と銅の合金開発は戦前からアメリカやヨーロッパ、日本でも行われてきました。第2次世界大戦ではドイツとアメリカがその技術を競いあったともいわれています。そして戦後アメリカのオーリン社がついに銅に鉄を2.5%まで混ぜた「鉄入り銅=C1940」の量産化に成功し産業界を大いに沸かせました。しかしそれ以上混ぜることは事実上〝不可能〟というのがこの時以来の定説でした。

  • 比重

    鉄と銅の比重

    鉄:7.87銅:8.94

  • 常温時の結晶構造

    鉄と銅の常温時の結晶構造

    鉄:BCC構造銅:FCC構造

  • 融点

    鉄と銅の融点

    鉄:1538℃銅:1084℃

3.0%固溶限界

1.5%固溶限界

世界で初めて量産化に成功不可能を可能にした特殊な溶解方法
第1弾 鉄90%+銅10%の新合金『MTA9100』誕生

MTA合金は2016年、「鉄」と「銅」の合金の開発に成功致しました。金属を溶かす「溶解」には多数の常識が存在します。しかしMTA合金はこの常識に捉われず、新しい溶解方法はないかと追求し、ついに「鉄」と「銅」を合金化させるという、オリジナルの溶解方法を完成させました。

言葉に書くと簡単ですが、これまで蓄積してきたデータや先人たちが培ってきた知見を参考にトライを繰り返すことでようやくたどり着いた溶解方法です。しかも当合金が大気溶解で製造できるという点も量産という面では大きなメリットと言えます。

MTA合金は鉄と銅の成分比率調整が可能で、比率ごとに様々な分野で役立つ銅合金となることから、マルチに使える合金【Multi Tool Alloy】の頭文字をとってMTAと命名されました。

第1号は鉄90%に銅10%を合金化した新合金『MTA9100』をリリースいたしました。今後は比率を調整し様々な性質や機能を持たせたMTA合金を開発し皆様のお役に立って参ります。

鉄と銅の特徴
成分 比重
単位 Fe Cu 7.966
wt% 89 11
vol% 90 10
  • MTA9100インゴットの見本

    MTA9100
    インゴット

  • MTA9100メタルパウダーの見本

    ガスアトマイズした
    MTA9100メタルパウダー

  • MTA9100メタルパウダーの粒形写真

    MTA9100
    メタルパウダー粒形写真

  • MTA9100メタルパウダーのX線分析写真01

    MTA9100メタルパウダー
    X線分析写真

  • MTA9100メタルパウダーのX線分析写真02

    鉄のX線分析写真

  • MTA9100メタルパウダーのX線分析写真03

    銅のX線分析写真

  • MTA9100メタルパウダーのX線分析写真(XRD)を見ると1ミクロンレベルで混合している。

鉄と銅の特性がバランスよく出現銅合金の代替材として期待されるMTA9100

鉄90%に銅を10%入れたことで、「鉄」の持つ硬度・強度・耐熱特性といった機械特性と「銅」の持つ熱伝導や導電特性といった機能特性がバランス良く備わったハイブリット合金となっております。特に鉄系合金でありながら銅合金の性質が強いため、構造材よりも機能性材料としてのご利用がお勧めです。詳しくは下記製品詳細より各形状ごとの機械特性、機能特性をごらんください。

EV・5G社会に入り銅の需要が益々高まっており、その影響で様々な銅合金が相次いで値上がりしています。MTA9100はベリリウム銅や銅タングステンといった高級銅合金から洋白、リン青銅などの代替材としてもお使いいただけます。

MTA9100の形状マルチプレート/金属粉末/金属短繊維
金属3D造形物(試作サービス)

MTA9100マルチプレート

MTA9100マルチプレートは、金型材、電極材など幅広くお使いいただけるプレート材です。
詳しくは『MTA9100マルチプレートの詳細』をご覧ください。

  • MTA9100マルチプレートの見本01
  • MTA9100マルチプレートの見本02
  • MTA9100マルチプレートの見本03
MTA9100マルチプレートの詳細

MTA9100メタルパウダー

MTA9100メタルパウダーはMTA9100のインゴットをアトマイズして製造したものです。
粒形は1μから75μまでご用意。MIM、溶射、磁性材など様々な分野でお使いいただけます。
詳しくは『MTA9100メタルパウダーの詳細』をご覧ください。

  • MTA9100メタルパウダーの見本01
  • MTA9100メタルパウダーの見本02
  • MTA9100メタルパウダーの見本03
MTA9100メタルパウダーの詳細

MTA9100金属3Dプリンター造形サービス

MTA9100を使った金属3Dプリンター造形を承っております。
造形物の機械特性が大変優れており、現在自動車メーカー様を始め多くの企業様から試作依頼を受けております。
詳しくは『MTA9100金属3Dプリンター造形サービスの詳細』をご覧ください。

  • MTA9100金属3Dプリンター造形サービスの見本01
  • MTA9100金属3Dプリンター造形サービスの見本02
  • MTA9100金属3Dプリンター造形サービスの見本03
MTA9100金属3Dプリンター造形サービスの詳細

PRODUCT製品情報

  • メタルパウダー商品情報
  • メタルファイバー商品情報
  • 金型・電極用プレート商品情報
  • 金属3Dプリンター商品情報