安心・安全・安価で使いやすい合金を目指します

MTA合金は未来を変える合金です

世の中に銅を使った合金はたくさんあります。リン青銅、真鍮、黄銅などはみな銅そのものでは柔らかすぎるため強度を出すために、あるいは錆びを抑制するため等、銅に他の原子を混ぜて特性を向上させています。しかし一番肝心な点は、「銅にいかに強度を持たせ、導電性や熱伝導性を維持させるか」に集約されてきます。銅はトップクラスの導電率・熱伝導性を誇りますが、強度を出すために不純物を入れれば入れるほどこれらは下がるからです。そのため、強度が高く熱や電気をよく通すは自然と価格も上がってきます。さらにEV時代の到来で銅の需要がますます高まり、銅の価格が驚愕なほど高値になることも予想されています。そのしわ寄せは結局は製品の値上がりで消費者に回ってきます。当然メーカーの銅からの脱却のスピードが加速することが予想されます。

MTA合金はこれまで不可能と言われてきた鉄と銅の新合金です。銅に鉄をいれるだけで、いくつもの銅合金によく似た性能を出すことができます。例えばベリリウム銅や銅タングステン、チタン銅やリン青銅、コルソン合金など各合金にあわせて鉄と銅の比率を調整すれば、それとよく似た合金ができるようになります。さらには鉄の強度を活かした、これまで決して出せなかった領域の性能、例えば引張強度が1300MPa、導電率60%以上などの板材やワイヤなどもこの先MTA合金を使えば開発が可能となってきます。そして何より市場のメリットはすべての金属で「一番安い鉄」を使う点です。この先流通量が増えていけば当然製造コストが下がりますので、大変使いやすい銅合金ができるようになります。

人類にとって一番身近な「鉄」と「銅」を使った新合金、環境にやさしく、安心で安価なマルチツールアロイ・MTA合金をどうぞ宜しくお願い致します。