金属3Dプリンターで〝歩道橋〟

ついに金属3Dプリンターで歩道橋ができたというニュースが発信されました。

2021/09/30 fabcrossより

場所はオランダ・アムステルダム。2021年7月15日に長さ12Mの歩道橋が開通。開発にはなんと4年もかかったそうです。記事では「3Dプリント技術がエンジニアリングにおいて主要な技術になろうとしている」とあります。

ご興味ある方はこちらをご覧ください。すごい技術です。

https://fabcross.jp/news/2021/20210930_3d-printed-steel-footbridge.html

金属3Dプリンターは日進月歩の勢いで発展開発が進んでいます。家や車もできる時代がすぐそこまで来ています。MTA合金では業界注目の銅合金粉末「MTA9100-GP20」を始め、チタンやアルミ、SUSマルエージング鋼といった既存の粉末にも対応した金属3Dプリンター造形サービスを格安にて承っております。

【MTA9100-GP20の特性】

 極薄0.15㎜まで造形/熱伝導率60W/m・k/導電率18%IACS/引張強度1000MPa以上

電極や精密金型、熱交換器、ゴルフパターなど何でも造形します!お気軽にお問い合わせください。